美容と健康マニア@朋子日記

うっかり日焼け後のスキンケアの基本

そんなに暑くないから大丈夫だろうなんて油断して外出。

帰宅して鏡を見たら、日焼けしていたというケースって多いんです。

若いうちならお肌の生まれ変りも速いので、意外ににシミにもならず、元のお肌に戻るのですが、30代になるとお肌の生まれ変わりは遅くなるので、紫外線でできたメラニンがうまく排出されにくくなります。

それでもお肌の浅いところにとどまっているメラニンはセルフケアで目立たなくすることは可能です。

でも、お肌の奥の真皮層にまで落ち込んでしまったメラニンは、自分で目立たなくすることは難しいでしょう。

ですから、30代以降は、まず日焼けをしないことはもちろんですが、もしうっかり日焼けをしてしまったという場合にもできるだけシミを残さないこと、そしてシミをお肌の奥へと落ち込ませないことがポイントです。


日焼けをしないための基本はもちろんUVケア。

日焼け止めはケチらず、気持ちたっぷりと塗りましょう。


日焼け止めを塗っているのに日焼けしちゃったという方って多いんですが、皆さん塗る量が少ないんです。

また、SPF値についても正確に理解している人って少ないですね。

例えばSPF25であれば、なにも塗らない場合と比較して、25倍日焼けが始まる時間を遅くするという意味です。

私たちのお肌は紫外線を浴びて20分後から日焼けが始まるので、SPF25ならば500分後、つまり8時間20分遅らせることができるということです。

むやみにSPF値の高いものをつける必要はないんです。

また、日焼け止めだけに頼らず、長袖シャツを着るとかつばの広い帽子をかぶるなどの工夫もおすすめです。

そしてお肌の生まれ変わりをできるだけスムーズに保つことも大切です。

きちんと眠り、栄養バランスのとれた食事を摂り、適度な運動を心掛けること。

これが基本。

できるだけメラニンは作らない、残さない、できてしまったら排出すること。

これを心がけましょう。

それでもうっかり日焼けしてしまったという場合には、できるだけ早めに美白ケアしましょう。

ますは冷やした美白化粧水でクールダウンと水分補給。

その後、美容液とクリームで保湿ケアしておきましょう。

日焼け後の 美白もこれでOKなんですよ。

2017年2月21日|

お肌のハリ不足、さあどうする?

年齢を重ねるとお肌にさまざまな悩みを抱えるものですが、とにかく多くの方が悩むのが、お肌のハリ不足。

頬がゆるんできたなあとか、まぶたの周囲のたるみが気になるという方も多いでしょう。

それから多いのが、ほうれい線の悩みですね。

これらの悩みに共通しているのはお肌のハリがなくなってきて、皮膚を支えきれなくなってきていることです。

では、なぜお肌のハリが不足してくるのでしょうか?

それはお肌の奥のコラーゲンが不足してくるからです。

コラーゲンはお肌の奥でばねのように弾力を生み出す機能を持っていて、若いうちはお肌のコラーゲン量も十分で、ぷるっとした弾むような弾力を生み出してくれるのです。

ところが、年齢を重ねると、コラーゲンを新しく生み出す能力が衰えてくるため、次第にコラーゲンが減少してくるため、ハリが失われてくるのです。

また、紫外線の影響も大きいものがあります。

長年紫外線を浴び続けてきたことで、コラーゲンの崩れが起こってしまったり、コラーゲンを生み出す機能も徐々に弱くなってしまうのです。

このような話をすると、年だからあきらめるしかないのかと思ってしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

コラーゲンの減少を食い止めるだけでなく適切なケアで、コラーゲンを増やすこともできるのです。

できるだけ早く、即効性を求めるという方は、美容整形での処置が必要となりますが、コツコツと自分でケアする方法は、多少時間がかかっても、気軽にできるのでおすすめです。

自分でできるハリ肌へのケアで大切なのは自分のお肌に合った化粧品選びです。

特に敏感肌の方は、いくつかサンプルを試してみて、焦らずに自分のお肌に合うものを選んでください。

また、成分もしっかり確認しましょう。

コラーゲンやヒアルロン酸などが配合されているかどうかに目が向きがちですが、大切なのはコラーゲンの再生産にかかわる細胞を活性化する成分が配合されているかどうかです。

その成分は「ペプチド」です。

ペプチドが配合されているエイジングケア化粧品については下記のサイトを参考にして、ご自身のお肌に合うものを選んでみるといいでしょう。

コツコツと続けることで、確かなハリ肌を実感できるはずです。

2016年2月15日|

妊娠中のシミ対策

妊娠、出産は女性が経験できるとっても神秘的な体験です。

新しい命を宿す喜びは何事にも代えがたいものと言えましょう。

一生のうちに数回体験できるかどうかのこの貴重な経験を心行くまで楽しんでみることをおすすめします。

明るくリラックスしてゆったりと妊娠期を過ごしていただきたいのですが、妊娠中は心も体も不安定になりがちです。

それはホルモンバランスが妊娠前と変わることが大きな理由です。

このホルモンバランスの変化によって、ニオイに敏感になったり、食べ物の好みが変わる、シミやそばかすが増える、抜け毛が増えるといったさまざまな変化が現れます。

私が初めての妊娠の時に悩んだのがシミです。

かぜのひきはじめのようなだるさが続いたので、「もしかして?」と思って婦人科にいったところ、「2か月です」ということでとっても嬉しかったんです。

「私も赤ちゃんを産むんだ」と大きな期待と少しばかりの不安が入り混じった不思議な気持ちで過ごしていたのですが、鏡を見てびっくりです。

妊娠する前は透き通るような美肌が自慢だった私の肌にコーヒーをこぼしたようなシミが散らばるようにうっすらとできていました。

外出時にはしっかり美白ケアをして、紫外線には極力当たらないように気をつけていたのになんでこんなにシミができちゃったのかと悩みましたが、母に聞いたところ、妊娠するとメラニンを刺激するホルモンが盛んに分泌されるためシミができやすくなるのだそうです。

こればかりは妊娠すれば個人差はありますが、誰もが悩むのです。

私は何とかこのシミを目立たなくしたいと思っていろいろと対策を考えましたけど、妊娠前に使っていた美白化粧品が肌に刺激を感じるようになったり、化粧品のニオイも妊娠前は気にならなかったのに、すごく気持ち悪く感じるようになってしまいました。

できることは限られますが、外出する時には妊娠中でも安心して使える美白化粧品を使ったり、無香料の化粧品に変えたりしてシミを残さないように気をつけました。

また、食べ物もお肌のターンオーバーを促すビタミンCやビタミンEの豊富な食材を意識して食べるようにもしました。

結局この程度の対策しかできなかったのですが、出産後1か月もするとほとんどシミは目立たなくなっていました。

出産後1か月というと、すっかり赤ちゃん中心の生活で、自分のお肌をしっかり確認してスキンケアする余裕もないほどですが、ふと鏡をみたら嘘のようにシミがなくなっていたって感じでした。

妊娠中に何もケアしないとシミが残ってしまうこともあるそうですから、無香料、無添加の美白化粧品をつかうなど最低限の美白ケアはしておいた方がいいと思います。

下記のサイトも参考にしてみてください。

2015年9月14日|

美容と健康を意識した水分補給のポイント

美容と健康を考える時にとても簡単なポイントがあるのをご存知でしょうか?

今日、今すぐにでもできる子簡単なことです。

こまめに水を飲むことです。

「水を飲むだけできれいになれるの?」

そんなことを考える方もいるようですが、水を飲むことがキーポイントになると言えるのです。

人間の体は大人で6割以上が水分でできています。

この水分が不足すれば干からびてしぼんでいくのです。

しわが目立って来たり、皮膚のたるみが気になるのは水分が不足してくるからと言えます。

お顔の老化現象ともいえるしわ、たるみ、シミといった悩みは、まずはお肌の水分不足があると考えてよいでしょう。

ですから、一生懸命化粧水を塗るのもいいのですが、体の中からうるおうことも意識して、水を意識s的に多く飲むようにしましょう。

高価なエイジングケアの化粧品をたくさん揃えてケアするだけが美容の基本ではないのです。

では美容と健康を意識して水をのむならばどこに気をつけるべきでしょうか?

お水は非加熱の天然水で、できれば弱アルカリ性のイオン水を選びましょう。

硬水の欧州からの輸入品をモデルが飲んでいるということでチョットしたブームになったことがありますが、軟水のほうが日本人にはしっくりくるでしょうし、飲みやすさもあって長続きすると思います。

この軟水の非加熱アルカリイオン水をこまめにちびちびと飲むのをおすすめします。

そのまま飲むお水と言えば多くの方は、ペットボトルのミネラルウォーターを購入される方が多いと思いますが、市販のミネラルウォーター類は国産のものはどのほとんどが加熱殺菌しています。

衛生面を考えると加熱殺菌したものは保存もききますし、便利で安心と言えますが、お水が本来持っている活性は失われていますから美容と健康を意識するならば、加熱していない非加熱の天然水を選びたいものです。

また、非加熱の天然水はお水に溶けこんだ酸素や窒素も失われていないためお水本来のおいしさが味わえます。

現在、非加熱の天然水は輸入のミネラルウォーターか、採水地を管理する業者がホームページでごく少量販売している程度です。

継続して飲み続けるならばお水を宅配してくれるウォーターサーバーが便利でおすすめです。

お値段も思ったほどではなくて妥当な価格設定だと思いますよ。

2014年4月17日|

保湿ケアと毛穴ケア

毛穴ケアについては前回の記事でもお話しましたが、私と同じように40代になると誰もが悩んでいるようです。

でも、誤った知識で毛穴ケアしている人がとっても多いみたいです。

毛穴の開きや黒ずみが気になりだすと、とにかく洗顔して毛穴に詰まった汚れを取ろうと考える方がほとんどのようです。

これは間違ってはいないのですが、洗顔だけでは毛穴の悩みは解決しないでしょう。

それは40代を過ぎての毛穴の開きや黒ずみは汚れだけでなく、お肌のたるみも大きな原因だからです。

お肌がたるむことで、毛穴も緩み、しずくがたれたように毛穴が開くのです。

ですから、お肌に優しい洗顔料を使って毛穴の汚れをきちんと取り除いた後には、しっかりと保湿ケアすることが大切です。

保湿ケアすることでお肌が引き締まってくれば毛穴も目立たなくなります。

また、40代以降は保湿だけでなく、与えたうるおいをしっかりと抱え込む保水力をお肌が持っているかどうかもポイントです。

お肌が水分を保持する力が弱ければ、せっかく保湿ケアをしてもまたすぐに乾燥してしまい、お肌がゆるんでしまいます。

保水力はお肌の奥のコラーゲンとヒアルロン酸がしっかりと機能しているかどうかです。

年齢とともにコラーゲンとヒアルロン酸はバランスが崩れてくるので、どうしても乾燥しがちになりますし、しわやたるみにつながるのです。

コラーゲンというとコラーゲンを豊富に含むと思われている食品やコラーゲンドリンクなどを考える方もいらっしゃいますが、思ったほど効果は感じられないでしょう。

コラーゲンは食物から摂取するよりもお肌の奥へ浸透する化粧品を使ったり、お肌自身が本来持っているコラーゲンを再生する機能を活性化させるほうが効率的ですし、効果を感じるまでのスピードが違います。

コラーゲンを修復する機能を活性化させる美容成分はプラセンタ、ビタミンCなどがありますが、どちらももともとお肌にしみこみにくいものですので、浸透力にこだわっている化粧品を使うことをおすすめします。

2014年4月 9日|

毛穴ケアを考えなさいよ!

先日、ふと、どこかのファミリーレストランでモーニングを食べたいと思い、友達を誘ってみました。

たいていのファミリーレストランでのモーニングは、10:30で終了しますから、なるべく朝早くから活動できる相手を選びます。

とはいえ、何も6時に待ち合わせをしよう、という訳ではありません。

友人を含めてまわりの人間を考えてみると、案外、行動するのがのんびりしていて、出かけるのは、10時過ぎでないと無理という人が多いです。

いや、のんびりしているわけではなく、やる事が多いのだと思います。

部屋のあちこちを念入りに拭き掃除、そして、洗濯、そして、食器を洗い、そして洗濯物を干し、片付け、それから着替えをして、お化粧して、なんてしているうちにお昼です。

たまには、全部ほったらかしても良いのではないかと思うのですが、きっちりやらないと落ち着かないのかもしれません。

まあ、そんな人はかなりの少数派ではないかと思います。

それと、午前中の仕事をしている人や朝から晩までお仕事をしている人も誘えません。

なので、結局モーニングに誘う相手は、決まってきてしまいます。

毎朝の犬の散歩に出かけている彼女とは、よく色々なところでモーニングを食べに行っていたので、快諾してくれました。

早速、8時30分に集合し、モーニングセットのパンが美味しいあのファミリーレストランへ。

ドアを開けると、すぐに店員さんがやってきて、

「何名様でしょうか?」

「2人です」

「では、こちらへどうぞ」と席を案内された時、

ふと彼女が「喫煙席で」と言うと

「すみません、うちは、全席禁煙席なんです」と。

「では、結構です」と言って、お店を出る事にした。

「禁煙はダメだ。違うファミレスにして」との事で、違うファミレスへいくことにしました。

そうです、彼女は、喫煙者で、しかもヘビースモーカーなので、禁煙席は絶対にダメなのです。

とはいえ、今の世の中、喫煙者にとっては、かなり厳しくなってきています。

何より、ホントに禁煙席が相当多いです。

私は、タバコを吸わないのでわかりませんが、タバコの値段って結構高いので、いっその事禁煙すれば良いのではないかと思ったのですが、彼女は、絶対にやめないそうです。

これだけ禁煙席が増え、タバコの値段も上がっているので、あえてやめないそうです。

そうか...、ひょっとしてタバコを吸っている人たちって、禁煙席との戦いを始めているの?

いや、まさか...。

でも、これからもまだまだタバコの値段が上がりそうなので、喫煙者にとっては、厳しい状況になりそうです。

さて、その後私たちは喫煙席のあるファミレスで、楽しくモーニングをいただきました。

喫煙席のあるファミレスも、いつまであるのか疑問になりますが、私は彼女も本当はタバコはやめた方がいいと思っているのです。

タバコは美容と健康を考えれば最大の敵と言っていいですし、私からすれば、なぜあんなものを吸うのか全く理解できません。

彼女と話をしていると開ききった彼女の毛穴の目立つ肌、ざらざらとした肌が気になり、せっかくの美形の顔が台無しだなあと思ってしまうのです。

何といっても彼女、昔は某美人女優に似ていると同級生からも評判で、私と違ってモテまくりの学生時代だったんですから。

それが今となっては毛穴ケアを考えなさいよ!と言いたくなるくらいのザラザラ肌なんです。

まあ、これも本人がその気にならなければ他人がどうこう言っても仕方のないことですからね。

2014年3月13日|

保湿化粧品にまつわる話

今日は、久しぶりに友達に会いました。

日頃からしょっちゅう会っていたので、たった一週間会わないだけでも、久しぶりな気がしてしまいます。しかもクリスマスとお正月という、イベント続きの年をまたいでのことだったので、ものすごく話しがたまっていたように感じ、話題は次から次へと事欠きません。

しかも、笑えます。

その中でも笑えたのは、彼女のクリスマスの話です。

彼女には、小学生の高学年になる娘さんが一人いるのですが、その娘さんとご主人とでクリスマスの日に街へ買物へ出かけたそうです。

ウィンドーショッピングをしながら、友達は以前から気になっていた保湿化粧品を見つけ、買おうかどうしようかものすごく迷ったそうです。

その姿をご主人も娘さんも見ていて、思わず娘さんが「買ってあげようか?」と声をかけてきたそうです。

彼女は元々乾燥肌に悩んでいて、毎年秋から冬にかけてはカサカサした肌に悩んでいて、しかも敏感肌なのでなかなかお肌に合う化粧品が見つからないのです。

でも、友達は、娘さんの言葉に「いい」と言って、断ったそうですが...、「買ってあげるよ」「いいよ」というやりとりが少し続いたらしいのですが、結局買ってもらわずにその場を去り、特に買物もせずに家に帰ることになったそうです。

その時です、ご主人は、何かを思いついたように、「ちょっと買物をしていくから、先に帰っていてくれる?」と言って、一緒に帰らなかったそうです。

なんだ、ご主人、粋なことをしてくれるのかなあ〜、と思った私。

羨ましくさえ思えました。

で、ここからだよ〜、と友達。

かなり遅くなってご主人は、たくさんの荷物を持って帰ってきたそうです。

友達もかなり期待してご主人の荷物に目をやりながら、一つ一つご主人がテーブルに出したモノは、どれもこれもご主人がクリスマスで食べたかったものだったそうです。

もちろん、彼女が気に入った保湿化粧品などどこにもなかったそうです。

その姿には、さすがに友達も娘さんもガッカリしたらしく、娘さんは思わずご主人にお説教までしたそうです。笑いました。

そして、なんでそういうところに気が利かないのか?、何にも見てなかったのかなあ、とつくづく疑問に思いました。

まさに、これが結婚というものなのかもしれません。

結婚したら、お互いに、自分を幸せにするのは、自分でしかないのかもしれません。

でも、これでもしかしてご主人が彼女の欲しかった美白化粧品や保湿化粧品を買ってきてくれたとしたら、多分彼女は私に話すことなどなかったと思います。

でも彼女のご主人は気が気ない人かもしれませんが、本当はとっても家族思いの優しいご主人なのだと思います。

2014年2月 9日|

継続して使ってこそ実感すること

ある化粧品のトライアルセットを使ってみて、お肌の調子はあまり変わらなかったんです。

他に使っている方は「メイクののりがよくなった」とか「今までにないハリとうるおいを感じた」「ずっと使っていきたい」といった声が寄せられているということなのですが、どうにも私のお肌には合わないようだということってやっぱりありますよね。

今回はもう少し継続して使ってみようかなと思うか、それとももうやめようかと思うかの決断をどうするのかと言うことですが、これはやはりお得なキャンペーンのご案内があるのかとか、プレゼントの内容なんかでもどうするか決まってくるでしょうね。

例えば、乾燥に強く1か月以上も咲き続ける蘭の花のエキスを使用して、自然の植物の生命力を活かしたある化粧品があるのですが、私には1週間お試ししただけではそれほど効果を感じられませんでした。

この化粧品はメーカーの長年の研究で数千種類に及ぶ天然美容成分の中でも群を抜いた保湿力があり、ヒアルロン酸の2倍もの保湿力があるとされています。

また独自の美容成分を浸透力をアップさせているために、年齢肌のさまざまな悩みに力強くサポートする浸透型のビタミンCとビタミンE誘導体、これに低分子のコラーゲンも配合されてとことん保湿力アップにこだわっている化粧品なのです。

これほどまでにすばらしい設計で開発された化粧品でも私には1週間ではあまり効果を感じませんでした。

しかし、トライアルセット到着から1か月くらいでキャンペーンの案内が来ました。

全商品20%OFFの案内です。

私はこのキャンペーンがなければおそらく継続しようとは思わなかったでしょう。

そして本商品を美容液、化粧水、洗顔料を購入し、この本商品がなくなるまでは継続してみようと思ったのです。

そしてこの本商品が半分くらいに無くなるころ、変化が表れ始めたんです。

お肌の奥からふっくらとした感じがはっきりとわかるのです。

そして目元の小じわもこころなしか少し減ってきたような感じがしてきました。

つまり、化粧品は少なくとも半月から2か月程度継続してみないとなんとも効果を感じられないと思うのです。

トライアルセットはあくまでお肌に合うかどうか、刺激を感じることなく使えるかという管区忍の意味で考えるといいと思います。

みなさんもこれまで使ったトライアルセットに実はお肌を劇的に変えてくれる素晴らしい逸品があるかもしれませんね。

2014年1月14日|

美容と健康は一日にして成らず

普段はあまりテレビを見ないのですが、昨日の夜は、珍しくテレビがつきっぱなしになっていて、チラチラと歌番組を見ていました。

子どもの頃に両親と一緒に歌番組を見ていると、親に「コレは誰?アレは誰?」と質問をされ、めんどくさく思っていた事を思い出します。

その番組には、色々な人が出ていました。案外知っている人たちでした。

そしてある歌手が出てきました。

特に、ファンではありませんが、彼の登場で私は、なぜかテレビに注目してしまいました。

男の人で、ピアノが弾ける、ってなんだか憧れます。人懐っこい表情に、優しい歌声が、いろんな事を思い出させてくれます。何より、ある友達を思い出しました。

もうずいぶん前ですが、その友達は、空き巣にあいました。

近くの距離から、常に空き巣に見られていたのかもしれません。本当に一瞬出かけたそのすきに、家にあったブランドのバッグをどっさり持っていかれてしまったとしょんぼりしていました。しかも、被害総額200万円だったと。

それに加えて、楽しみにしていたこのテレビに出ていた歌手のコンサートのチケット2枚も持っていかれてしまったと...。

すぐに警察に届け、チケットの件(座席の番号も控えていたそうです)も伝えたので、そこで犯人を捕まえる事ができるのでは、と提案したそうですが、取り合ってもらえなかったそうです。ブランドバッグもショックですが、コンサートのチケットは、残念すぎます。

それ以来、その歌手を見ると、友達の残念な思いを思い出してしまいます。

その事については、もうお互いに触れる事はありませんが、きっと、彼女も彼を見ると、その件を思い出していると思います。

それにしても、もし自分がコンサートに行くとして、チケットをどこに置くか...を考えてみると、そんなにすぐにわかるような場所に置くだろうか?と疑問がわきます。

しかも空き巣も、ブランドバッグをたくさんとった上で、チケットまで持っていくのでしょうか?

本当の狙いは、ブランドバッグでなく、そっちだったりして?

まあ、何より空き巣の気持ちは、わかりません。土足で、人の家に上がっていくのですから...。

空き巣に入られて、良い事なんて全然ありませんが、入られている際に、彼女が帰宅しなかった事がとにかく幸いだったと思います。考えただけでも、ゾッとします。

彼女と最近連絡を取っていませんが、その後、彼のコンサートに行っていたら、良いなあと思います。11月も終わりに近くなってきたせいか、色々な事を思い出す季節がやってきた気がします。

このことを通して私は何を言いたかったかと言うと、普段のこうした何気ない事でもきちんと管理している人はやっぱり健康で美しくイキイキしているし、いい加減なだらしのない人は外見にもそう言った風情が現れるということです。

美容と健康は一日にして成らずということですね。

2013年12月30日|

鍋料理ってスゴイッ!

1週間のうち3日は鍋料理という感じになっています。

先週も鶏の水炊きに始まり豚しゃぶ、湯豆腐。

今週もすきやきにおでんを予定しています。

鍋料理の魅力は何といっても体が温まること。

調理する側も意外にカンタンで忙しいときでもすぐに用意できるところがいいですね。

肉や魚と野菜のバランスがよく、体が温まるとくれば毎日でもいいかなと思うくらいです。

美容と健康を意識するならば、野菜をたっぷりと投入するべし。

ウチでは肉系の鍋ならキャベツ、魚ならば白菜が基本。

他にはえのきやしめじ、まいたけ、豆腐、ネギ、春菊。

スープに味をつけるかどうかは意見の分かれるところですが私は薄味が好みです。

薄味ならばポイントは昆布。

上等の利尻昆布か真昆布を水に3時間以上つけてもどして水から沸かして沸騰直前に取り出すのがポイントです。

年のせいかあまり濃厚なすき焼きは食べたいと思わなくなりましたね。

不思議なことに最近ではたらちりとか水炊きがおいしいと思うようになりました。

20代のころは湯豆腐とかたらちりなんてこんなのどこがうまいんだ?と思ったものですが、
食材のよしあしがストレートに出るこうした薄味の魅力を感じます。

昆布や豆腐、たらの鮮度にこだわり心を込めて調理することで日本料理の繊細さを堪能するわけです。

合わせるお酒は上等の本醸造。

吟醸酒はたしかにおいしいのですが、私は本醸造のあの複雑な味わいがかえって鍋料理に合う気がします。

本醸造でも端麗辛口がいいですね。

こちらの記事でもお話ししましたが、栄養バランスを考えた食事は美容と健康の基本中の基本ですからぜひ手を抜かずにしっかりと続けたいものです。

2013年12月23日|

最新情報