2013年12月の記事一覧

美容と健康は一日にして成らず

普段はあまりテレビを見ないのですが、昨日の夜は、珍しくテレビがつきっぱなしになっていて、チラチラと歌番組を見ていました。

子どもの頃に両親と一緒に歌番組を見ていると、親に「コレは誰?アレは誰?」と質問をされ、めんどくさく思っていた事を思い出します。

その番組には、色々な人が出ていました。案外知っている人たちでした。

そしてある歌手が出てきました。

特に、ファンではありませんが、彼の登場で私は、なぜかテレビに注目してしまいました。

男の人で、ピアノが弾ける、ってなんだか憧れます。人懐っこい表情に、優しい歌声が、いろんな事を思い出させてくれます。何より、ある友達を思い出しました。

もうずいぶん前ですが、その友達は、空き巣にあいました。

近くの距離から、常に空き巣に見られていたのかもしれません。本当に一瞬出かけたそのすきに、家にあったブランドのバッグをどっさり持っていかれてしまったとしょんぼりしていました。しかも、被害総額200万円だったと。

それに加えて、楽しみにしていたこのテレビに出ていた歌手のコンサートのチケット2枚も持っていかれてしまったと...。

すぐに警察に届け、チケットの件(座席の番号も控えていたそうです)も伝えたので、そこで犯人を捕まえる事ができるのでは、と提案したそうですが、取り合ってもらえなかったそうです。ブランドバッグもショックですが、コンサートのチケットは、残念すぎます。

それ以来、その歌手を見ると、友達の残念な思いを思い出してしまいます。

その事については、もうお互いに触れる事はありませんが、きっと、彼女も彼を見ると、その件を思い出していると思います。

それにしても、もし自分がコンサートに行くとして、チケットをどこに置くか...を考えてみると、そんなにすぐにわかるような場所に置くだろうか?と疑問がわきます。

しかも空き巣も、ブランドバッグをたくさんとった上で、チケットまで持っていくのでしょうか?

本当の狙いは、ブランドバッグでなく、そっちだったりして?

まあ、何より空き巣の気持ちは、わかりません。土足で、人の家に上がっていくのですから...。

空き巣に入られて、良い事なんて全然ありませんが、入られている際に、彼女が帰宅しなかった事がとにかく幸いだったと思います。考えただけでも、ゾッとします。

彼女と最近連絡を取っていませんが、その後、彼のコンサートに行っていたら、良いなあと思います。11月も終わりに近くなってきたせいか、色々な事を思い出す季節がやってきた気がします。

このことを通して私は何を言いたかったかと言うと、普段のこうした何気ない事でもきちんと管理している人はやっぱり健康で美しくイキイキしているし、いい加減なだらしのない人は外見にもそう言った風情が現れるということです。

美容と健康は一日にして成らずということですね。

2013年12月30日|

鍋料理ってスゴイッ!

1週間のうち3日は鍋料理という感じになっています。

先週も鶏の水炊きに始まり豚しゃぶ、湯豆腐。

今週もすきやきにおでんを予定しています。

鍋料理の魅力は何といっても体が温まること。

調理する側も意外にカンタンで忙しいときでもすぐに用意できるところがいいですね。

肉や魚と野菜のバランスがよく、体が温まるとくれば毎日でもいいかなと思うくらいです。

美容と健康を意識するならば、野菜をたっぷりと投入するべし。

ウチでは肉系の鍋ならキャベツ、魚ならば白菜が基本。

他にはえのきやしめじ、まいたけ、豆腐、ネギ、春菊。

スープに味をつけるかどうかは意見の分かれるところですが私は薄味が好みです。

薄味ならばポイントは昆布。

上等の利尻昆布か真昆布を水に3時間以上つけてもどして水から沸かして沸騰直前に取り出すのがポイントです。

年のせいかあまり濃厚なすき焼きは食べたいと思わなくなりましたね。

不思議なことに最近ではたらちりとか水炊きがおいしいと思うようになりました。

20代のころは湯豆腐とかたらちりなんてこんなのどこがうまいんだ?と思ったものですが、
食材のよしあしがストレートに出るこうした薄味の魅力を感じます。

昆布や豆腐、たらの鮮度にこだわり心を込めて調理することで日本料理の繊細さを堪能するわけです。

合わせるお酒は上等の本醸造。

吟醸酒はたしかにおいしいのですが、私は本醸造のあの複雑な味わいがかえって鍋料理に合う気がします。

本醸造でも端麗辛口がいいですね。

こちらの記事でもお話ししましたが、栄養バランスを考えた食事は美容と健康の基本中の基本ですからぜひ手を抜かずにしっかりと続けたいものです。

2013年12月23日|

毛穴ケアは意外に簡単

私は毛穴の開きは毛穴に汚れが詰まっているからだとばかり思っていました。

小鼻のまわりなどは特によく見ると黒いポツポツが目立ちますよね。

若いときは爪と爪の先で絞り出していたものですが、これはやっちゃいけないみたいです。

かえって毛穴を広げてクレーターのようになってしまうんです。

毛穴ケアは毛穴に詰まった皮脂汚れをはじめとする様々な汚れを取り除くことが大切だということは確かにそうですが、実はお肌のたるみによって毛穴が下に垂れ下がるように広がるものも意外に多いのだそうです。

ですから、毛穴ケアの基本は毛穴に詰まった皮脂汚れをきちんと洗い流すことはもちろん、毛穴を引き締めるためにも十分なうるおいの補給によってハリを取り戻すことで、毛穴を引き締めることも意識したいものです。

お顔の毛穴が引き締まるとなめらかなお肌になります。

お肌の色つやがよくなって年齢よりも5歳若く見える「マイナス5歳肌」も充分、実現可能です。

ですから毛穴の開きや黒ずみが気になって毛穴ケアを始めようという方は洗顔や化粧水によるケアだけでなく、たるみを解消してお肌にハリを取り戻すケアも同時進行ですすめましょう。

そして食事。

高脂肪、高カロリー食は皮脂腺を刺激して脂っぽいお肌にして毛穴を押し広げますから、和食のように低脂肪高タンパクの食事がおすすめです。

毛穴ケアは皮脂分泌を抑えることと、分泌されて皮脂を酸化させないことです。

皮脂が酸化することで毛穴の黒ずみにつながりますから、これは大切なポイントです。

皮脂の酸化を防ぐには過度に紫外線にあたらないこと、そして抗酸化物質を含む緑黄色野菜を積極的に食べることです。

特に難しいことではないですよね?

これだけでも意外に効果的になるので、まずは身近なところから、自分の生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

2013年12月15日|

献血と健康

HIVウィルスに感染した献血者の血液が日本赤十字社の検査をすり抜け、患者2人に輸血されていたそうです

私は、献血をした事がないのですが、まず驚いたのは、献血をするには色々と条件があるという事。

当然の事ではありますが...

日本赤十字社ホームページ、献血をご遠慮いただくケースによれば、当日の体調不良、服薬中、発熱等の方や、出血を伴う歯科治療(歯石除去を含む)をした方、一定期間内に予防接種を受けた方、6ヵ月以内にピアスの穴をあけた方やいれずみを入れた方、特定の病気にかかったことのある方、海外旅行者及び海外で生活したことがある方、輸血歴・臓器移植歴のある方、エイズ、肝炎などのウイルス保有者、またはそれと疑われる方、クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)の方、またはそれと疑われる方、妊娠中、授乳中等の方という事になっていて、つまり、献血をできるケースと言うのは実はかなり限定されるということです。

ただ...当日体調不良の方が献血する、というのはあまり考えられませんが、出血を伴う歯科治療、予防接種、ピアス、いれずみをある期間内に行った人も献血を出来ない事になっていたとは、知らなかったので、勉強になりました。

今後、ピアスもいれずみも入れる可能性はありませんが、献血する際は、覚えておいた方が良いですね。

私が昔、子どもだった頃、献血をするとスタンプカードがもらえて、それをたくさん集めると、ハワイ旅行に行けるらしい、という噂がありましたが...、まあそれが嘘にしても、子どもの頃の憧れの地は、ハワイだったのかと思うと笑えます。

それはさておき、実際問題、コレは本当に大きな問題で、感染のおそれのある性交渉から40日間(ウインドー期間と言うらしいです)は、検査をすり抜けてしまう可能性がある、との事ですが...。ただ、怖いのは、性交渉以外でも感染してしまう事もあるのではないかと。

例えば、知らぬ間にかかっている可能性は...???ないのかな?どこかで、HIV感染者の方がけがをしていて、自分もちょっとした傷があって、そこで接触をして感染してしまうとか...。

そう言う可能性が低いとはいえ、なきもしにあらず、なんて考えたらきりがありませんが。いつの間にか感染していた、という状況は、本当に怖いし、自分がもし感染してしまったら、出来るだけ、他の人に感染させないように暮らしたいと思うのですが...。

とりあえず、この男性の献血の目的は、HIVに感染してるかどうかだったようなので、疑わしい時は、保健所で匿名、無料で受けられるという事です。とはいえ、感染を不安に思う人にとって、検査を受けやすい態勢にはなっていないようです。

健康を意識して普段から食べ物に気をつけて、運動もしてといった場合でも知らぬ間に健康を害してしまうリスクと言うのは様々な場面でありうるということを感じました。