妊娠中のシミ対策

妊娠中のシミ対策

妊娠、出産は女性が経験できるとっても神秘的な体験です。

新しい命を宿す喜びは何事にも代えがたいものと言えましょう。

一生のうちに数回体験できるかどうかのこの貴重な経験を心行くまで楽しんでみることをおすすめします。

明るくリラックスしてゆったりと妊娠期を過ごしていただきたいのですが、妊娠中は心も体も不安定になりがちです。

それはホルモンバランスが妊娠前と変わることが大きな理由です。

このホルモンバランスの変化によって、ニオイに敏感になったり、食べ物の好みが変わる、シミやそばかすが増える、抜け毛が増えるといったさまざまな変化が現れます。

私が初めての妊娠の時に悩んだのがシミです。

かぜのひきはじめのようなだるさが続いたので、「もしかして?」と思って婦人科にいったところ、「2か月です」ということでとっても嬉しかったんです。

「私も赤ちゃんを産むんだ」と大きな期待と少しばかりの不安が入り混じった不思議な気持ちで過ごしていたのですが、鏡を見てびっくりです。

妊娠する前は透き通るような美肌が自慢だった私の肌にコーヒーをこぼしたようなシミが散らばるようにうっすらとできていました。

外出時にはしっかり美白ケアをして、紫外線には極力当たらないように気をつけていたのになんでこんなにシミができちゃったのかと悩みましたが、母に聞いたところ、妊娠するとメラニンを刺激するホルモンが盛んに分泌されるためシミができやすくなるのだそうです。

こればかりは妊娠すれば個人差はありますが、誰もが悩むのです。

私は何とかこのシミを目立たなくしたいと思っていろいろと対策を考えましたけど、妊娠前に使っていた美白化粧品が肌に刺激を感じるようになったり、化粧品のニオイも妊娠前は気にならなかったのに、すごく気持ち悪く感じるようになってしまいました。

できることは限られますが、外出する時には妊娠中でも安心して使える美白化粧品を使ったり、無香料の化粧品に変えたりしてシミを残さないように気をつけました。

また、食べ物もお肌のターンオーバーを促すビタミンCやビタミンEの豊富な食材を意識して食べるようにもしました。

結局この程度の対策しかできなかったのですが、出産後1か月もするとほとんどシミは目立たなくなっていました。

出産後1か月というと、すっかり赤ちゃん中心の生活で、自分のお肌をしっかり確認してスキンケアする余裕もないほどですが、ふと鏡をみたら嘘のようにシミがなくなっていたって感じでした。

妊娠中に何もケアしないとシミが残ってしまうこともあるそうですから、無香料、無添加の美白化粧品をつかうなど最低限の美白ケアはしておいた方がいいと思います。

下記のサイトも参考にしてみてください。

2015年9月14日|