保湿ケアと毛穴ケア

保湿ケアと毛穴ケア

毛穴ケアについては前回の記事でもお話しましたが、私と同じように40代になると誰もが悩んでいるようです。

でも、誤った知識で毛穴ケアしている人がとっても多いみたいです。

毛穴の開きや黒ずみが気になりだすと、とにかく洗顔して毛穴に詰まった汚れを取ろうと考える方がほとんどのようです。

これは間違ってはいないのですが、洗顔だけでは毛穴の悩みは解決しないでしょう。

それは40代を過ぎての毛穴の開きや黒ずみは汚れだけでなく、お肌のたるみも大きな原因だからです。

お肌がたるむことで、毛穴も緩み、しずくがたれたように毛穴が開くのです。

ですから、お肌に優しい洗顔料を使って毛穴の汚れをきちんと取り除いた後には、しっかりと保湿ケアすることが大切です。

保湿ケアすることでお肌が引き締まってくれば毛穴も目立たなくなります。

また、40代以降は保湿だけでなく、与えたうるおいをしっかりと抱え込む保水力をお肌が持っているかどうかもポイントです。

お肌が水分を保持する力が弱ければ、せっかく保湿ケアをしてもまたすぐに乾燥してしまい、お肌がゆるんでしまいます。

保水力はお肌の奥のコラーゲンとヒアルロン酸がしっかりと機能しているかどうかです。

年齢とともにコラーゲンとヒアルロン酸はバランスが崩れてくるので、どうしても乾燥しがちになりますし、しわやたるみにつながるのです。

コラーゲンというとコラーゲンを豊富に含むと思われている食品やコラーゲンドリンクなどを考える方もいらっしゃいますが、思ったほど効果は感じられないでしょう。

コラーゲンは食物から摂取するよりもお肌の奥へ浸透する化粧品を使ったり、お肌自身が本来持っているコラーゲンを再生する機能を活性化させるほうが効率的ですし、効果を感じるまでのスピードが違います。

コラーゲンを修復する機能を活性化させる美容成分はプラセンタ、ビタミンCなどがありますが、どちらももともとお肌にしみこみにくいものですので、浸透力にこだわっている化粧品を使うことをおすすめします。

2014年4月 9日|